浮気,疑い,すぎない

MENU
SNSで浮気発見

浮気を疑いすぎない

冷静な気持ちを忘れない


旦那様が浮気をしているかどうか、気にしている奥様もいらっしゃるでしょう。
ですが、もし本当に浮気をしていたらと考えるだけで、怒りが沸いてくる人もいれば悲しい気持ちになる人もいます。
あなたは、どちらですか?

 

いずれにしても、冷静な気持ちを忘れてはいけません。

 

冷静さを失ってしまっては、真実が見えなくなってしまうからです。
もし、あなたが旦那様と長く夫婦でいる場合、子供もいるかもしれません。
旦那様の浮気が発覚してしまった場合、離婚するとなっても、子供がいた場合は、あなたの感情で決めてしまうのではなく、どうすれば子供にとって良い選択になるのかということを一番に考えることが大切です。

 

何よりも、旦那様が浮気をしているかどうか気になるのは、旦那様のことを今でも大事だと感じているからだと思います。

 

浮気を疑ってあれこれ証拠を掴もうとする人ほど、旦那様のことをまだ好きだからという状態だったりします。
つまり、離婚などしたくないという気持ちの人が多いということです。
浮気はやめて欲しいけど、その証拠を突きつけることで離婚になってしまったら・・・そう考えると、子供が傷つくだけですから、そのような場合は、考え方を180度変えてしまうことで、あなた自身が楽になれることも多くあります。

 

頭を切り替える

とはいえ、浮気といっても何かとお金が掛かるようです。
浮気相手と食事に行ったりお酒を飲んだり、ホテル代も掛かります。
浮気相手が一人暮らしなら、食事など事足りてしまいますからそこまでお金が掛からずとも、浮気している男性というのは、浮気相手にいいところを見せたがるものです。

 

浮気相手の家に手ぶらで行くことは、なかなかないかもしれません。
家に行くにしても、その前に外食などするかもしれませんからね。

 

ですが、そんなことをいつまでも考えてばかりいては、あなたが辛くなるだけです。
子供の有無に関係なく、あなたが離婚を考えていないのであれば、根本的に考え方を変えてしまうというのも、解決の方法のひとつです。

 

 

離婚をするという発想を捨てる
気付いていないフリをする
自分を振り返り悪い部分は反省する
部屋の模様替えをして気分と家の雰囲気を変えてみる
スポーツクラブに行って汗を流す
スポーツクラブに行って女を磨く
近所にパートに出て気分転換する
自分のお給料は自由に使う

 

などなど。
ご自身の考えを根本的に変えることで、あなた自身の環境を変えることも可能です。
もし、あなたが太っていることを気にしている場合や、日頃から旦那様にそれを指摘されていたのであれば、スポーツクラブに行ってシェイプアップするのもいいですよ。

 

女磨きを目的として通い始めるわけですが、体型がだんだん変わっていくことで、オシャレももっと楽しめるようになりますし、運動をするのでお肌も綺麗になり、コンプレックスが減るので、旦那様にももっと笑顔を見せてあげられるようになるでしょう。

 

何よりも、運動をして汗を流すのは、大変ストレス解消になります。

 

 

イヤな気持ちもいつの間にか解消されます。
もしかしたら、仲良しの女友達も出来るかもしれません。
但し、家庭内でのことですから、やたらと相談するのは禁物ですよ。

 

真実か・疑いか

実際に、あなたの旦那様は本当に浮気をしているのでしょうか。
もしかしたら、本当にあなたが疑ってしまっているだけかもしれません。
事実であれば家庭崩壊の危機とも取れますし、もし疑いだけならまだ間に合います。
旦那様との仲を修復したいのであれば、尚更です。

 

それに、もし浮気をしていてもあなたに浮気を隠すのは、少なからず家庭を壊したくないといった気持ちがあるからかもしれません。

 

 

旦那様が居心地がいいと感じられるような模様替えをしてみたり、もし部屋の中に物が多くゴチャゴチャした印象の場合は、収納を増やすなどして見た目をスッキリさせてみるのもいいでしょう。

 

家の居心地が良ければ、疲れている旦那様は仕事が終わったらあなたが待つ家に帰ってくるはずです。
なのに、他の女性のところに寄り道するということは、居心地がよくないのかもしれません。
あなたのことを嫌っていなくとも、そういうチョットしたことがきっかけで浮気をしてしまう旦那様もいるのです。

 

こうやって、あなたから歩み寄ってみるのも、とても大切です。
夫婦関係は、嫁が旦那にしてもらうばかりでは、成立しません。
お互いが支え合うような関係でなければいけません。
そんな大げさなことではないですよ、疲れて帰ってきた旦那様にひとこと「お帰りなさい、お疲れ様」とか「疲れたでしょ、ゆっくりお風呂に入って」と言葉を掛けるだけでもかなり違います。

 

疲れているところを労われて、イヤな気分になる人なんていないはずですよ。

 

疲れて帰ってきた旦那様に、あれこれいきなり矢継早に話しかけるのもよくありません。
やっと家に帰ってきたのですから、一息つかせてあげましょう。