MENU
SNSで浮気発見

浮気を疑っていることを悟られない

浮気を公表する人はいない


自分が浮気していることを周囲に堂々と言う人は、ほとんどいないですよね。

 

浮気をしていても、意外とそれを上手に隠し通すことが出来ることの方が珍しいようです。

 

旦那様が浮気をしているのではないかと不安な気持ちを抱いたというだけでそうと決めつけてしまうのではなく、まずは浮気を疑っていることを旦那様に悟られないことが重要です。

 

いきなり浮気をしているかと質問をしたところで、素直に認める人はほとんどいません。
それどころか、あなたが浮気を疑っていると知れば、旦那様は浮気がバレないようにと証拠を隠してしまいます。
ですから、浮気を疑っているというのを気付かれてはいけません。

 

気付かないフリが有利に


浮気を疑っているということをバレないでいることこそ、旦那様の浮気の証拠を掴みやすい状況が保てます。

 

何よりも、旦那様と浮気について話をする場合、その前に旦那が浮気をしているという確かな証拠を持っている方が、あなた自身が冷静かつ優位に話を進めることが出来るからです。

 

もし、旦那様が浮気を隠しきれずあなたにバレてしまった場合は、まずどう出てくるか様子を見ます。
誠意を込めて謝罪してくれる場合もありますし、その際はその場で浮気相手に別れてもらう人もいるようです。

 

ですが、何よりもまず、今後夫婦としてどうしていくのかということを一番に話し合うことが大切です。

 

嘘には必ず穴がある

浮気がバレそうになった場合、言い訳をして嘘を重ねていきますが、嘘は重ねれば重ねるほど穴が大きくなって、結果的に浮気がバレるのもよくあるケースです。

 

女性と比べると男性の方が嘘が下手だとは言いますが、やはり、嘘がうまい男性もいれば嘘が下手な女性もいますから、これは一概には言えないかもしれません。

 

嘘が上手い人というのは、その場限りの言い訳をしません。
嘘が下手な人というのは、深く考えずその場しのぎの嘘をつくので、つじつまが合わなくなっていき、嘘がバレます。

 

嘘が上手い人の怖いところは、浮気を疑われていても焦るそぶりを見せません。
自分は浮気をしていないんだという設定を貫き通すべく、堂々としているので、その態度を見ているうちにこちらが「自分の考え過ぎなのかも・・・」と思わされてしまうのです。

 

言い逃れを許してはいけません

嘘が上手い相手に負けてしまわないように、浮気の決定的な証拠を掴みましょう。
証拠がなければ、真実を確かめることなどできません。

 

旦那様に正直に浮気していることを認めさせたいのであれば、探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼するなどして、浮気の証拠を探してもらいましょう。

 

ですがこの場合も、注意が必要です。
浮気を疑う態度を悟られないようにするのはもちろんですが、浮気の証拠を掴むのに躍起になっている姿を見て、素敵だなと思う男性はおそらく一人もいません。

 

100人いたら100人が引くでしょう。
粗探しをするというのは、それだけのことです。
例え相手が悪くても、執着心を持って粗探しをするというのは、そういうことなのです。
返ってその姿が、旦那様に離婚したいという気持ちを芽生えさせてしまうことも十分にあります。

 

ですから、浮気を疑っているということだけは、絶対に悟られてはいけません。