MENU
SNSで浮気発見

原一探偵事務所の目安料金

原一探偵事務所の調査料金について


ここでは、原一探偵事務所に調査以来を行う際に掛かる調査費用の目安の価格についてご説明していきたいと思います。

 

浮気調査の料金

調査料金:80,000円〜/日
基本料金:40,000円

 

いたずら・いやがらせ

調査料金:80,000円〜/日
基本料金:40,000円

 

ストーカー対策

調査料金:80,000円〜/日
基本料金:40,000円

 

盗聴・盗聴器発見

調査料金:80,000円〜/日
※盗聴器発見の一般的な料金です。

 

人探し・所在調査

調査料金:80,000円〜/日
基本料金:40,000円

 

上記以外の調査以来について

海外での調査、お子様に関する調査、また、ご結婚やビジネス用途においても相談することが出来ます。
調査料金については、調査対象者の住んでいる場所、環境、交通手段、職業、行動パターンといったいろんな状況、また、調査を行う範囲や状況によって調査費用に違いがあります。

 

また、依頼人が検討している予算によっても違いが生じてきますから、調査以来を行う前に、料金について専門相談員としっかり話し合いをして、あなたが納得した上で依頼するかどうかを決めてください。

 

調査地域はここでチェック

 

<< 相談無料24時間受付中 原一探偵はこちら >>

 

カード払いにも対応

原一探偵事務所は、下記のクレジットカードでの支払いにも対応してくれています。

 

JCB
VISA
Master Card
American Express
Dinersの提携カード

 

注意すべきこと「慎重に探偵社を選ぶ」

探偵事務所を選ぶにあたり、価格だけで依頼する事務所を決めてはいけません。
何事も、価格だけで決めてしまうと、後々あなた自身が後悔してしまう結果にもなってきます。

 

探偵業法の掲示
<strong>探偵事務所の規模や実績
設備が整っているか
調査人員は充実しているか
調査車両はあるか
個人情報保護に対する考え方

 

最近では、メール相談を設けている探偵事務所も多くありますが、必ず電話をして相談の予約をしましょう。
メールだけのやり取りは、相手のお顔が見えませんし、事務所内の様子もわかりません。
そんなところに調査費用を支払うこと自体、まず不安があります。

 

また、専門相談員や調査担当者があなたに対して親切・親身に対応してくれるかどうかもきちんと見極めましょう。
いくら実績があっても、あなたが信頼をおけない事務所には依頼しない方が無難です。
そういったところにポイントをおいた上で、更に、その事務所の規模、実績、どのような調査体制なのかといったこともしっかりとチェックをしましょう。

 

また、専門相談員や担当調査員の人柄や対応といったこともチェックしましょう。
服装はきちんとしているか、話し方は丁寧か、常識はありそうか、あなたの話をきちんと理解してくれているか、適切なアドバイスをしてくれているかなどをしっかりチェックして見極めましょう。

 

法律の枠を越えた調査

残念なことに、探偵事務所にも悪質な業者というものがやはり存在します。
そういった事務所は、法律の枠を越えて無謀な調査を行うこともあります。
ですから、あなたが調査以来を検討している事務所がどのような調査方法をとっているのかも必ず確認しましょう。

 

もし、話を聞いている中で、話し方は穏やかでも、

 

それはチョットおかしいのでは?
やりすぎでは?
普通はそんなことはしないよな?

 

といったようなことを感じた場合は、不法な調査方法を行っている場合が考えられます。
中には、探偵事務所だからそういった調査方法をするのかなと考えてしまう人もいるようですが、調査方法は当然ながら常識の範囲内で行います。

 

まるでテレビの世界のように、許可もなく部屋のあらゆる場所に盗聴器やカメラをしかけたり部屋に侵入したりといった操作方法は、住居不法侵入などの罪に問われる行為なので、決して適切な操作方法では、ありません。

 

そのようなことがないように、信頼と実績のある原一探偵事務所に調査依頼をするといいでしょう。

 

きちんと説明を受ける

 

調査以来契約書
重要事項の説明の書面
契約書の書面

 

これらがきちんと明確に理解できるよう書かれているかどうかを確認すると共に、必ずその場で依頼事項の説明を受けましょう。

 

もし悪徳業者に当たってしまったら


万が一、あなたが依頼した探偵事務所が悪徳業者だった場合は、まずは毅然とした態度をとってください。
また、善処することを悪徳業者へ要求しますが、要求しても態度が改められない場合は、内閣府が認可した

 

全国調査業協同組合
消費者センター

 

といった場所に必ず相談してください。