MENU
SNSで浮気発見

弁護士に浮気相談をする

信じて疑わなかった旦那様が不倫をしている・・・
そんなことが発覚してしまったら、あなたはどのような行動に出るでしょう。

何よりもまず、浮気が発覚したというショックで、とてもじゃないけど冷静な判断をするというのは、状況的にみても大変難しいと思います。

 

離婚の一番の原因は、性格の不一致にあります。
ですが、離婚をする際に裁判や調停まで起こすといったケースについては、配偶者の浮気が原因である離婚がほとんどです。

 

法律には、浮気という言葉はありません。
浮気は法律では不貞行為といわれます。

 

法律でいう浮気というのは、結婚をしている人が自分の勝手な意思で配偶者以外の異性と性的関係を持つことを指しており、夫婦関係を始めたときから、法律上・倫理上ともに夫婦は同居をして、お互いが協力しあって扶助していく義務があると同時に、貞操を守る義務というものが含まれているのです。

 

不貞行為というのは、異性との肉体関係を指しています。
ですから、例えば同性愛者など同性同士の性的関係な浮気は法律では不貞行為にはなりませんが、このような場合に関しては、婚姻を継続しがたい重大な事由という点に該当します。

 

ですが、法律でいう不貞行為とは、浮気のことではありません。
そもそも浮気というのは、人によってどこからが浮気かという考え方に違いがあるからです。

例えば、旦那様があなた以外の異性と性的関係がなくても、あなたが浮気したと思えばそれが離婚の原因になることもあるからです。
反対に、あなたが浮気をしていないのに旦那様があなたの浮気を疑う場合もまた同じです。

 

そのような状況のときこそ、将来的にみて、あなた自身が幸せになれる正しい選択をすることが出来るよう、冷静で的確に行動する必要があります。

そこで、不倫問題を解決するために、法律のプロである弁護士さんのチカラを借りるという訳です。

 

不倫というのは、その事実を知っただけでも、精神的にかなりのダメージを受けます。
離婚裁判に発展した場合を想定して、あなたの代わりに弁護士さんに弁護してもらうことで、あなたの身を守ることが出来ます。

 

また、第三者である弁護士さんが間に入ることによって、あなた自身も冷静に判断することが出来るようになると思います。
離婚裁判の際に弁護士さんに力になってもらう場合は、旦那様が浮気をしているという証拠を出来るだけ多く揃えておくことが重要です。

 

とはいえ、やはり弁護士費用もそれなりに高額です。
必要書類のコピー1枚から費用が発生します。

 

出来るだけ費用をかけずに裁判を終えたいという場合は、あなた自身がしっかりと浮気の証拠を掴むといった準備が必要です。

 

探偵事務所に依頼するなどして決定的な証拠が準備できたら、プロの弁護士さんに依頼するというのが理想的です。