離婚,慰謝料

MENU
SNSで浮気発見

離婚の慰謝料

もし、あなたがまだ離婚をしていない場合、慰謝料を受取らないことで何らかの不利益を受けることはないと考えていいかもしれません。

 

旦那様の浮気などが原因で離婚をする際によく慰謝料という言葉を耳にすることがあると思いますが、この慰謝料という言葉、実は財産分与という意味で使われることもあります。

 

財産分与って?


財産分与というのは、夫婦が結婚している間に協力して作ってきた財産を清算するという意味です。

 

一方、慰謝料というのは、一方の配偶者が不倫など不貞行為に及んだ場合、もう一方の配偶者が受けた精神的ダメージに対して支払われる賠償金のことをいいます。

 

財産分与を計算するとき、そこに慰謝料を含めることも可能です。
これは、財産分与と慰謝料を別々に請求することも可能ですし、それらを同時に請求することも可能です。

 

財産分与と慰謝料の違い

では、財産分与と慰謝料って何が違うのでしょうか?
これは、

 

行使できる期間

 

に違いがあります。

 

財産分与は離婚した日から2年間
慰謝料請求は離婚した日から3年間

 

行使することが可能です。
もしあなたが、財産分与という意味で慰謝料と言っているのであれば、旦那様と離婚した日から2年以内に財産分与を請求しなければならず、それ以降は無効となり財産分与の請求は認められなくなります。

 

もし、旦那様の不貞行為に対する精神的ダメージを賠償しろという意味での慰謝料請求である場合は、離婚された日から3年以内に慰謝料を請求しなければならない、ということです。

 

ここまでお話した期間は、あくまでも離婚をした時からの期間ですから、あなたがまだ旦那様と離婚をしていないという状況であるならば、この期間は今のところ気にする必要は、ありません。

 

相手から離婚を求められたら?


もし、不貞行為をした旦那様から離婚したいと言われた場合は離婚届に判を押すということが、慰謝料交渉を有利にするともいわれています。

 

旦那様の不貞行為を理由にあなたが離婚を検討しているのであれば、あなたに不利な状況にならないよう、しっかりと考えをまとめておくことと離婚の覚悟が重要です。