携帯電話,浮気,証拠,宝庫

MENU
SNSで浮気発見

携帯電話は浮気の証拠の宝庫


携帯電話は、浮気の証拠がギッシリつまっていると言えます。
特に、浮気相手とのメールのやり取りやLINEのやり取りというのは、大変大きな証拠になります。

 

浮気をしている場合、ほとんどの人が浮気相手とメールでやり取りをした後、それを削除してしまうものですが、仕事の合間に連絡を取り合っている場合、削除するのを忘れてしまうこともあります。
旦那様の携帯をチェックしたとき、こういった浮気メールが残っていた場合は、証拠として保存しておくことが重要です。

 

証拠のメールは転送して保存

ですが、旦那様の携帯で保存をしても意味がありません。
浮気の証拠を残すのが目的ですから、ご自身の携帯やパソコンのメールに転送しておきます。

 

意外と忘れがち「送信メール」

意外と忘れがちなのが、送信メールです。
浮気相手からの受信メールをしっかり削除しても、自分が浮気相手に送信したメールは削除を忘れがちです。

 

浮気相手からのメールをあなたの携帯などに転送するだけではなく、旦那様が浮気相手にどのようなメールを送ったのか、その送信メールもあなたの携帯などに送信しておきましょう。

 

この時、転送した送信メールを削除するのを忘れないように気を付けましょう。

 

メール転送機能を使う


今の時代、携帯電話というのはマストアイテムともいえるほど、なくてはならない物になりました。
子供でも持っており、ましてやビジネスマンにとっては欠かせません。
携帯を忘れて出掛けることで、仕事の取引相手と連絡が取れないなんてトラブルも起こしかねないほど、携帯電話は大変重要な物ともいえます。

 

何よりもまず、相手が誰であれ、連絡を取るのに大変便利ですから、子供も大人もそうですし、遠く離れて一人暮らしをしているお年寄りにとっても必要な物ですね。

 

しかしながら、携帯電話は浮気の証拠がギッシリ詰まっているものでもありますから、中身をしっかりチェックしておきましょう。

 

携帯電話のメール転送機能を利用してみるのもひとつの手段です。

 

この転送設定は、旦那様の携帯電話から行う必要がありますから、あなたが普段使用している携帯電話と違う機種の場合は、予めそのやり方を調べて知っておきましょう。

 

やり方を知っておいて、旦那様がお風呂に入っている間にその設定をスムーズに行うことが出来れば理想的ですが、転送設定には暗証番号が必要な場合もあるので、それを知っておきましょう。

 

メールの転送設定を行うことで、あなたの携帯にメールが転送されてきますが、バレてしまう可能性も十分に考えられますから、数日の間に留めておくのが無難です。
メールの転送設定を利用するのは、それなりにリスクがあります。
ですが浮気の証拠は確実に得ることが出来ます。

 

浮気相手からのメールも必ず保存


旦那様が浮気相手に送信したメールだけではなく、浮気相手が旦那様に送ってきたメールも、あなたの携帯などに転送して保存しておきましょう。

 

また、浮気相手から受信したメールの頻度や、メールの内容によっては、旦那様だけでなく浮気相手にも慰謝料請求を行う場合、浮気をしていた証拠になりますから、しっかりチェックしておきましょう。