MENU
SNSで浮気発見

記録に残す


自分の夫が浮気をしているかもしれないという疑いは、ちょっとしたことから生まれます。
実際に浮気をしていた場合は、本当に些細な変化などが現れるものです。

 

男性というのは、浮気をしてしまいやすい傾向にあるそうで、女性よりも溺れやすいとも言われています。

 

女性というのは、日常のちょっとした変化にとても敏感です。
もしあなたが専業主婦であれば、家の中で過ごすことも多く、時間にも気持ちにも余裕を持ちやすい環境にあるので、旦那様の様子の変化や不審な行動などに気付きやすいでしょう。

 

携帯電話が分かりやすい

旦那様の浮気を疑うきっかけの多くは、旦那様が携帯電話を頻繁に持ち歩くようになるなど、帰ってくれば気にも留めていなかった携帯をやたらといじり出したり、部屋を移動する度に持ち合歩く、メールやLINEを頻繁にチェックするといったものです。

 

男性の行動というのは、女性に比べて分かりやすい傾向にあります。
女性が敏感なこともありますが、それにしては分かりやすいなということが実際によくありますね。

 

ですから、女性であるあなた自身の観察力の高さを活かして、旦那様が本当に浮気をしているかどうかを問い詰めることで、もしその浮気を不貞行為として弁護士などに相談する場合、有利な立場に運ぶことが出来るでしょう。

 

男性は人と接する機会が多い


仕事をしている以上、男性は仕事での付き合いの関係で、男性だけでなく異性と接触する機会も多く、仕事の幅が広がる一方で、それをきっかけに浮気に発展することも少なくありません。

 

実際に男性同士で飲みに出掛けても、女性のいるお店に立ち寄ることも多いですから、その相手を浮気に誘うこともあれば、相手が旦那様を誘ってくることもあるでしょう。
そういった環境から、奥様の立場にある人は、旦那様が浮気しているのでは?と心配になることも多いようです。

 

本当に旦那様が浮気をしてしまっていた場合、あなたは冷静に対処する必要があります。
浮気したことをきちんと反省させるためには、あなた自身がしっかり・賢く行動をすることが重要です。

 

根拠のないあなたの勘だけでは、何の意味もありません。
疑いだけで旦那様を責める、騒ぎ立てる、実家に帰るというだけでは、実際に浮気をしていた場合であっても「お前が勝手に騒いでるだけ」と流されてしまい、それどころか、バレないように気を付けようと、浮気に対して返って慎重になられてしまいます。
そうなると、浮気の証拠を掴むのが難しくなります。
きちんと証拠を掴めるよう、旦那様に隙を与えてはいけません。

 

領収証やレシートをチェック


旦那様が使ったお金のレシート、領収証などをチェックしてみましょう。
レシートというのは見る人によっては、その買い物をしたのが男性なのか女性なのか、誰かと一緒に買いに来たのか、どの程度の年齢層なのか、ペットがいるかなど、ある程度のことが分かってしまうものなのです。

 

クレジットカードの明細を見るのもいいですね。
いつ何というお店でいくら使ったのかが記載されています。
ホテルを利用する場合、カードを利用する人も多いようです。

 

日記をつけてみる


旦那様の浮気が怪しいと思ったら、その日から日記をつけて見ましょう。
記録に残しておくのも重要です。

 

出勤時間
帰宅時間
残業の連絡があった
その日の旦那様の様子

 

などといったことを記録しておきます。
日頃の変化がより分かりやすくなりますし、決定的な証拠を集めることにも役立ちます。
記録しておくことで、旦那様の行動パターンも把握しやすくなるでしょう。

 

これは結婚しているしていないに関係なく、大切に想う相手に浮気の疑いを持ってしまうと、とても辛いですよね。
感情的になって怒りが込み上げてきたり、悲しくて涙が止まらなかったり。
辛い気持ちもよく分かります。
ですが、ただそれだけではあなたは泣き寝入りするだけです。
きちんと証拠を集めて、あなたの立場を優位に持っていきましょう。