MENU
SNSで浮気発見

決定的な証拠を掴むために

決定的な証拠を集める


旦那様の浮気が発覚した場合、とても悲しいと思います。
あなたは悲しく涙したり、怒りが沸いてきたりと、感情がとても不安定になる時でもありますね。

 

ですが、旦那様の浮気を疑うばかりでは意味がありません。
疑うだけでなく、徹底的に証拠集めをしましょう。

 

浮気の証拠があなたを守る


もし、旦那様があなたに離婚をしたいと言ってきた場合、浮気している事実を隠してくるかもしれません。
あなたに原因があるからと、自分の非を認めないものの言い方をしてくることもあるのです。
実際に浮気している場合、浮気してるから離婚したいと素直に言ってくる男性もそんなに多くはありません。

 

旦那様が浮気をしていたことを決定づけるためだけでなく、そんなことになっても堂々と構えていられるように、あなたの立場を守るためにも、証拠というのは大変重要なものなのです。

 

もし浮気に気付いたら、その時から日記をつけるといいでしょう。
日記は記録になりますから、旦那様と揉め事が起きた場合でも証拠になります。

 

ブログには書かない


日記をつけるとして、今ではブログを利用する人が多いと思いますが、これはやめましょう。
日常的な、例えば主婦友やママ友とランチなどに出掛けたといった類のことは、ブログにアップしても全く問題は、ありません。

 

ですが、旦那様の浮気の記録を残す場合は、いけません。
閲覧制限をしていたとしてもダメです。
設定を誤れば他の人にも見られてしまいますし、何かの手違いでブログ自体が消えてしまった場合、再びブログを立ち上げることは出来ても、同じブログを復元することが出来ないからです。

 

それに、ネットに浮気相手の名前や情報、それが旦那様の名前などであっても、名誉棄損で訴えられてしまうことも考えられます。
ブログに証拠を残すというのは、あなたにとって不利なことしかありません。
ですから、ノートや手帳に手書きで記録するのが確実です。
勿論、その日記を見つからないように隠し場所も確保してくださいね。

 

浮気の時効は3年


民事では、浮気の時効は3年とされています。
ですから、3年以上前の浮気の証拠を見つけた場合であっても、婚約破棄、離婚といったものの有力な証拠にはならないのです。
ですから、浮気の証拠を集める場合、出来るだけ新しいものにしましょう。
証拠ですから、それ以前のものを発見した場合も「いつから浮気をしているのか」といったことが分かる場合があるので、念のため保管しておきましょう。

 

浮気写真は強い証拠に


もし、浮気現場に遭遇したら、写真に収めておきましょう。
ですがこういった行動は、素人ではなかなか難しく、あなたもそれを成功させる自身などないでしょう。

 

このような場合は、探偵事務所に依頼するのが最善の策といえます。
ある程度の費用は掛かりますが、逃すよりはマシかと思います。

 

自信がある場合は、あなたが旦那様を尾行して、自分で浮気現場の写真を撮るのが一番いいのでしょうが、写っている人物が旦那様と浮気相手の女性であると確認できるもの、つまり、顔がきちんと写っているものでなければ、証拠になりにくい場合があります。

 

あなたが見て旦那様だと分かるのは、意味がありません。
誰が見ても顔が分かる、そして出来るだけ鮮明である必要があります。

 

浮気をする場合、夜が多いです。
夜は写真を撮影するのが結構難しいものです。
例えば、夜景を撮影するにしても、なかなかうまく撮れませんよね。
オートフォーカス機能を使えば、小物や美味しそうなケーキなども上手に撮影することが出来ますが、夜道など暗いところではブレてしまいます。

 

何よりも、尾行中に撮影をするのですから、どうしてもブレてしまいがちです。
写真を撮る練習をするのもいいですね。

 

ですが、尾行の覚悟を決めても、実際に浮気現場を目の当たりにすると、ショックで上手に写真撮影をすることが出来ないことも多いです。

 

オススメなのは、ビデオカメラを使って動画を撮影すること。
これなら、写真と違って撮りっぱなしなので、決定的瞬間を撮り逃すことも少ないですし、一部始終を記録することも可能です。

 

撮影をする場合、ホテルに入る場合は、そのホテルの看板が映るような角度から撮ると「ホテルに入った」というのが一目瞭然なので、画角を勉強するといいかもしれません。