日常的,行動,チェック

MENU
SNSで浮気発見

日常的に行動をチェックする

疑うだけでは浮気を悪化させるだけ

 

最近、旦那の帰りがやたらと遅い
携帯電話を頻繁にいじるようになった
「自分で買った」という物が増えた
ファッションセンスを気にするようになった

 

など、旦那様の変化に気付いた場合、もしかしたら旦那様が浮気をしているかもしれません。
このようなことに気付いて旦那様の浮気を疑う主婦も少なくありません。
もしこんな状況になったら、あなたならどうしますか?

 

浮気を疑うにしても、あなたが一人で騒いでいては意味がありません。
それで本当に浮気をしていなかった場合、あなたの立場が悪くなるだけです。
浮気を疑っているからというだけで、旦那様と問い詰めるのは、賢い方法とはいえません。

 

このような場合、本当に浮気をしていたら損をするのはあなたです。
証拠もないまま疑いをかけるだけでは、相手の逃げ場を作っているようなもの。

 

旦那様自身が「浮気がバレたかもしれない」という思う気持ちが、反省につながりますし、状況によっては「浮気はやめておこう」と思ってくれれば一番いいですが、好きで浮気をしているのですから、そのような状況になる方が珍しいかもしれません。

 

「お前が悪いんだ」

浮気したことを疑えば、浮気をしていよとしていまいと、まずは完全否定するでしょう。
もし本当に浮気をしていてそれが続けば、浮気は進行するばかり。
挙句の果てには、

 

俺の言うことが信じられないのか
女としてだらしないお前が悪いんだ
お前の家事がヘタだから

 

など、お前がお前がと全部あなたのせいにして居直るかもしれません。
中には、浮気の疑いをかけられたのを機会に、離婚を言い出す旦那様もいます。
離婚話が具体的になってしまえば、修復はなかなか難しいといえます。

 

重要なのは「冷静に対応すること」

「旦那が浮気してるかも・・・」
と、旦那様の浮気を疑った場合、一番重要なのは「冷静に対応すること」です。
何事も冷静な対応をしなければいけません。

 

本当にその勘が当たっているのか、旦那様の浮気は事実なのかどうか確かめる為の情報収集が必要です。

 

仕事だという言い訳が増える


旦那様が浮気をしている場合、浮気相手と過ごす時間が必要になります。
その時間が増える分、家庭で過ごす時間は減っていきます。

 

分かりやすい例としては、帰宅時間がいつもより遅くなることが増えてきます。
また、これまでなかった泊りでの出張や休日出勤、普段から出張などがある場合はその回数が増えるようになります。
こんな時は、要注意です。

 

泊りでの出張というのは、会社の経費を使います。
元々出張の多い職業でもない限り、会社は出来るだけ経費を削減したいもの。
ましてやこんな時代に経費を使いまくってくれる会社もなかなかないのでは?

 

毎週のように休日出勤をするようになったり、残業が増えるなどして帰りが遅い場合は、少し注意してみるといいでしょう。

 

休日出勤をした日や残業をした日、出張に出掛けた日をメモしておくといいですね。
給与明細に勤務時間などが細かく書かれている会社も多いですから、ご自身がメモをしたものと実際の記録が合うかどうかをチェックしてみるのもいいでしょう。